取調べ中に居眠りをしてしまった警官に憤りを感じます。

發佈留言

 盗撮事件に関与した疑いがあるとして千葉県警に任意で聴取されていた30代の男が、逃走してしまったそうです。その男は、近くの中学校の校舎から飛び降りて腰の骨を折ったそうです。命には別状がないとのことでした。この男が逃走した理由は、署員が居眠りしていたからです。この話を聞いて「マジで?!」っと驚きが隠せませんでした。だって取調している時に居眠りなんて普通しますか?真面目に仕事をしていないからだと思うのです。気の緩みから寝てしまったのでしょう。なんとも情けない警官です。もし、この男が自殺をしたり、他人に危害を加えることをしてしまったのなら、この警官はどうやって責任を取るつもりだったのでしょうか?とても気になります。罪の大きさ、小ささに関係なく、人に迷惑をかけてしまった人は、何かあった場合自暴自棄になって凶暴になってしまうこともあるのです。そうなると、罪の無い一般市民が巻き添えになってしまいます。今回は何もなかったのが不幸中の幸いでした。

Related Posts

發佈留言